日 時 : 2011年 8月29日(月) ~ 8月31日(水)
場 所 : 東海大学 阿蘇キャンパス
参加者 : 3大学学生及び関連教職員

受講生のアンケート結果 (PDF:246KB)

 

実習内容1. 飼養管理実習(乳牛、肉牛、豚、鶏、緬羊)

画像をクリックすると拡大写真にリンクします。

 適正な飼養管理および畜種ごとに適した飼養管理を身につけるために、東海大学ではジャージー種(乳牛)、褐毛和種(肉牛)をはじめとして、様々な畜種の飼養管理実習を行いました。 搾乳器洗浄 褐毛和種の飼養管理実習
搾乳器洗浄 褐毛和種の飼養管理実習
鶏舎での飼養管理実習 豚舎での飼養管理実習
鶏舎での飼養管理実習 豚舎での飼養管理実習

実習内容2.  周年放牧に関する実習

画像をクリックすると拡大写真にリンクします。

 地域の特性を理解し、地域社会と環境に調和した特色のある畜産として、阿蘇地域における広大な草地を利用した放牧管理実習を行いました。
 本実習では、実際に放牧地での牛の飼養管理について放牧地で目にしながら聴き学ぶことができました。
放牧地における見学実習
放牧地における見学実習

実習内容3.  水稲ホールクロップサイレージの発酵品質評価実習

画像をクリックすると拡大写真にリンクします。

 地域資源の有効活用と自給飼料生産について理解するために、飼料イネ発酵サイレージの品質評価に関する実習を行いました。
 本実習では、五感を通してサイレージの品質評価を行うとともに、pHメータ等による科学的な評価方法を学び、実際に牛の嗜好性にいかに影響するかを評価する方法まで学ぶことができました。
pH測定の様子 官能評価している様子
飼料イネサイレージのpH測定の様子 飼料イネサイレージを官能評価している様子
給与試験の様子  
  給与試験の様子  
                   

実習内容4.  家畜生産現場における野生動物相の調査

画像をクリックすると拡大写真にリンクします。

 家畜生産現場における生物多様性について理解するために、生物多様性評価を目的とした野生動物相調査実習を行いました。
 本実習ではシャーマントラップを用いてどのような小型哺乳類が生息しているかを調べる方法、センサーカメラによって放牧地に出現する動物について調べる方法について学びました。
 
小型哺乳類用の罠を設置する様子 捕獲した小型哺乳類
捕獲した小型哺乳類
小型哺乳類用の罠を設置する様子

                   

実習内容5.  アニマルウェルフェアを考慮した家畜の飼養管理

画像をクリックすると拡大写真にリンクします。

 これからの家畜生産現場で考えていかなければならないアニマルウェルフェアについて理解するために、環境エンリッチメントに配慮した鶏舎での行動観察実習を行いました。
 本実習では、環境エンリッチメントケージで飼養されている天草大王の行動観察をすることで、アニマルウェルフェアに関する評価方法について学ぶことができました。
行動観察の様子 天草大王の行動観察の様子
行動観察の様子 天草大王の行動観察の様子