Menu

トッ プページ
経歴
業績一覧
研究内容
授業
リンク
English

ようこそ.各務聡のページへ.宮崎大学工学部機械設計システム工学科において,

宇 宙工学,特に,宇宙推進(電気推進,化学推進)と推力測定法

能動制御の適用によるスマート化

に関する研究を行っています.

研究と教育

  本研究室では,宇宙工学,特に宇宙推進に関わる研究を行っています.具体的には,プラズマジェットや燃焼流などの反応性流体 を用いて,人工衛星に搭載する小型ロケットエンジン(推進機,スラスタ)や,スラスタの性能評価に不可欠な推力測定装置が挙 げられます.

 研究は,新しい方式を提案して作動 を実証し性能を評価する試作評価が中心です.そのため,着想したアイデアをもとに試作機の構造を考案した上で,自分の構想を 実現するために設計製図を行い学内工場(ものづくり実践教育センター)にて製作します.これにより,研究室の学生は,着想か ら設計製作,さらには逐次改良に至るものづくりの一貫した行程を体験することができます.

 また,新装置の提案の研究は,その 機械要素も自ら開拓しなければならないことが多く,ヒントになるような資料(論文)などを探し出してそれを整理し,さらに流 体力学などの理論を活用して,設計パラメータ(ノズルの大きさなど)決定しなければなりません.すなわち,未知のものに「当 たり」をつけな がら課題を設定して問題を解決し「最適解」 を探索していきます.

 このように,小型推進機や反応性流 体を応用する装置の研究は,構想から細部に至るまで,自身の力で設計製作が可能なため,着想から逐次改良に至る「技術者とし て必要なプロセス」を経験することが可能となります.そこで,本研究室では,反応性流体の研究,特に宇宙推進機の研究を通し て,課題設定,問題解決,設計能力などを体得し,未知なる現象に立ち向かいながら新装置を創出するための力を身につけること を目標としています.


亜酸化窒素/ジメチルエーテル二液式推進機の試作機


宇宙用推進機の性能評価に用いる真空チャンバ
(直径1m,長さ1.5 m)

レーザ加熱によりスロットリングを実現する固体マイクロスラスタ(試作機)

Water-cooled arcjet thruster
試作した水冷型アークジェット推進機

 

現在の研究内容

電気推進

  • ジメチルエーテルを用いたアークジェット推進機
  • ジメチルエーテルを用いたパルス型プラズマ推進機
  • 大電力アークジェット推進機の研究
  • 大電力MPD(Magneto Plasma Dynamics)推進機の研究
  • ホールスラスタ用電源装置のスマート制御化

化学推進

推力測定法





Copyright (C) 2012-2016 Akira Kakami All Rights Reserved.

e-mail: web.kakami [at] gmail.com ( [at]  を @にして下さい)