学術認証フェデレーション(学認)を利用したWebサービスの利用

宮崎大学の学認用認証サーバで認証を行い、各機関が提供しているWebサービスを利用できます。


1.学術認証フェデレーション(学認)とは

学認とは、高等教育機関とWebサービスを提供する機関・出版社等から構成された連合体です。各機関はフェデレーションが定めた規程(ポリシー)を信頼しあうことで,相互に認証連携を実現できます。
GakuNin

2. 属性情報の取り扱いについて (注意)

Webサービス(Service Provider、SP)を利用する際には、宮崎大学が管理する学認用認証サーバ(Identity Provider、IdP)からWebサービスに属性情報が送信されます。送信される属性情報は学認によって定められています。属性情報は学術認証フェデ レーション利用申請書に記入したもの以外は、MIDデータベースに記載されている情報を利用します。
種類属性名
所属大学名o(英語)、jao(日本語)
所属組織名ou(英語)、jaou(日本語)
姓名sn(英語)、jasn(日本語)
givenName(英語)、jaGivneName(日本語)
displayNmae(英語)、jaDisplayName(日本語)
学認用IDeduPersonPrincipalName
学認用IDから生成される情報eduPersonTargetedID
電子メールアドレスmail
職種
(faculty","staff","student","member")
eduPersonAffiliation
所属大学内での職種
(職種の値@miyazaki-u.ac.jp)
eduPersonScopedAffiliation
特定のアプリケーションが利用する資格情報eduPersonEntitlement

3. 利用者の範囲と申請

学認サービスを利用するには、利用申請が必要です。

学術認証フェデレーションシステム運用基準(Ver.1.2)により、原則として、宮崎大学統一認証アカウント(MID)を取得されている方は、学認用IDを取得して、学認のサービスを利用できます。但し、電子ジャーナル等のサービスは、サービス提供会社との契約上、学認用IDが発行されても一部の方々(名誉教授等)は利用できません。

学認利用申請を行う前に、情報基盤センターのメールアドレス(***@cc.miyazaki-u.ac.jp、***@student.miyazaki-u.ac.jp)を取得する 必要があります。利用申請は、情報基盤センターホームページの情報基盤センターオンライン申請から申請してください。オンライン申請できない場合は、情報基盤センターまでご相談ください。 申請いただいた情報基盤センターのメールアドレスに利用許可通知をお送りします。

4. 利用方法

  1. 利用するWebサービス(SP)にアクセスします。

    • Webサービス独自の認証メニューがある場合の認証方法は、本ページの"6. 利用できるWebサービス"の表"SP一覧"の「説明」欄を参照してください。
    • Webサービス独自の認証メニューがない場合は、Webサービスの画面に下図が表示されるか、下図を含むページに移行します。
    Discovery Service
    所属機関は、宮崎大学を選択してください。
    • 認証が終了している場合は、"4.送信する属性の選択画面"に移ります。
    • 認証が終了していない場合は、宮崎大学の学認用認証サーバ(IdP)に移ります。

  2. 学認用認証サーバ(IdP)認証画面で学認用ID、パスワードを入力してください。
    "認証 及び 属性情報の送信に同意"する場合は、認証ボタンを押してください。
    Identity Provider

  3. 送信する属性の選択画面が表示されます。
    • 画面上部(ユーザ情報)は送信する必須情報の表示とオプション情報の選択が出来ます。 送信してよいオプション情報にチェックを入れてください。 ユーザ情報部分の右側に実際に送られる情報が表示されます。
    • 画面下部は同意条件の選択画面です。
      「次」ボタンを選択すると最終確認画面に移ります。
      「キャンセル」ボタンを選択すると、属性情報の送信を中止するか確認する画面が表示されます。
    uApprove Data Input 送信属性選択画面
    「キャンセル」ボタンを選択後、送信を中止する場合は、画面の指示に従ってください。
    「戻る」ボタンを押すと、送信する属性の選択画面に戻ります。
    uApprove Cancel 「キャンセル」選択後の画面

  4. 送信する属性の最終確認画面が表示されます。
    • SPに接続する場合は「送信」ボタンを押してください。
    • 中止する場合は「戻る」ボタンを押してください。送信する属性の選択画面に戻ります。
    uApprove Confirmation

  5. 各Webサービスが利用出きる様になります。

5. Webサービス利用の流れ

6. 利用できるWebサービス(Service Provider、SP)

注意:電子ジャーナルについては、サービス提供会社との契約上、学認用IDが発行されても一部の方々は利用できません。

宮崎大学IdPで利用できるService Provider (SP)一覧
組織 サービス 説 明 送信する属性
Elsevier ScienceDirect (電子ジャーナル)
Scopus (検索ツール)
個人設定情報他 ・認証サーバで設定される値
Springer SpringerLink (電子ジャーナル) 利用ガイド なし
CUP Cambridge Journals Online (電子ジャーナル) 利用者向け ・所属大学内での職種
EBSCO EBSCO host (電子ジャーナル) 利用ガイド ・所属大学内での職種
NPO医学中央雑誌刊行会 医中誌Web 医中誌Webのサービス案内へ ・所属大学名
アットウェア しぼすけ 利用者向け情報 ・学認用ID
科学技術振興機構 ReaD & Researchmap 初回利用 ・学認用ID
国立情報学研究所 CiNii (電子ジャーナル) 利用ガイド ・所属大学名
・学認用IDから生成される値
国立情報学研究所 FaMCUs (テレビ会議多地点接続サービス) 利用マニュアル ・学認用IDから生成される値
・職種
国立情報学研究所 FShare (ファイル共有サービス) 利用ガイド ・学認用IDから生成される値
国立情報学研究所 WebELS (オンデマンド学習、多地点遠隔講義、多地点ビデオ会議) Learning 利用ガイド
Meeting 利用ガイド
・学認用IDから生成される情報
・職種
・所属大学名(日本語)
国立情報学研究所 GakuNin mAP (研究プロジェクト等の仮想グループ作成・管理) マニュアル ・学認用ID
国立情報学研究所 meatwiki (GakuNin mAPグループ用Wiki) 説 明 ・学認用ID
山形大学 科学技術の学術情報共有のための双方向コミュニケーションサービス
(Communications service for sharing academic information)
マニュアル ・学認用ID
広島大学 HINETの無線LANゲスト利用サービス (HINET wlan guest service)
(接続未確認)
説 明 ・学認用ID
佐賀大学 無線LANゲスト利用サービス (Opengate) 説 明 ・学認用ID
SP、属性についての詳しい情報は、学術認証フェデレーションのペ ージを参照してください。