ホーム > 業績リスト

業績リスト

Google scholarによる被引用回数

原著論文

英文総説

  • 4. Niimura Y (2012) Olfactory receptor multigene family in vertebrates: from the viewpoint of evolutionary genomics. Current Genomics 13: 103–111. (PDF)
  • 3. Niimura Y (2009) Evolutionary dynamics of olfactory receptor genes in chordates: Interaction between environments and genomic contents. Human Genomics 4: 107–118. (PDF)
  • 2. Nei M, Niimura Y, Nozawa M (2008) The evolution of animal chemosensory receptor gene repertoires: roles of chance and necessity. Nat Rev Genet 9: 951–963. (PDF)
  • 1. Niimura Y, Nei M (2006) Evolutionary dynamics of olfactory and other chemosensory receptor genes in vertebrates. J Hum Genet 51: 505–517. (PDF)

英文著書(共著)

  • 7. Niimura Y, Ihara S, Touhara K (2020) Mammalian Olfactory and Vomeronasal Receptor Families. in The Senses: A Comprehensive Reference (2nd Edition) Volume 3, pp. 516-535 (ed. Bernd Fritzsch), Academic Press. (Website)
  • 6. Touhara K, Niimura Y, Ihara S (2016) Vertebrate Odorant Receptors. in Chemosensory Transduction pp. 49-66 (eds. Frank Zufall & Steven D. Munger), Academic Press.
  • 5. Niimura Y (2014) Olfactory Receptor Genes: Evolution. in Encyclopedia of Life Sciences, John Wiley & Sons, Inc. (PDF | Website)
  • 4. Hase T, Niimura Y (2012) Protein-protein interaction networks: Structures, evolution, and application to drug design. in Protein Interaction / Book 2 pp. 405-426 (ed. Weibo Cai), InTech. (PDF)
  • 3. Niimura Y (2012) Evolution of chemosensory receptor genes in primates and other mammals. in Post-Genome Biology of Primates pp. 43-62 (eds. Hirohisa Hirai, Hiroo Imai, Yasuhiro Go), Springer.
  • 2. Niimura Y (2008) Olfactory Receptor Genes: Evolution. in Encyclopedia of Life Sciences, John Wiley & Sons, Inc. (PDF | Website)
  • 1. Niimura Y, Nei M (2007) Major gene families in humans and their evolutionary history. in Henry Stewart Talks, Human Population Genetics (ed. Luigi Luca Cavalli-Sforza and Marcus Feldman) (Website)

和文著書(単著)

和文著書(共著)

  • 5. 新村芳人 (2021) 「嗅覚にかかわる遺伝子」『ヒトゲノム事典』(井ノ上逸朗・今西規・河村正二・斎藤成也・颯田葉子・田嶋敦 編)、一色出版 in press
  • 4. 新村芳人 (2012) 「ゲノムの大きさ」『進化学事典』pp. 570-573(日本進化学会 編)、共立出版
  • 3. 新村芳人 (2012) 「嗅覚受容体遺伝子ファミリー」『化学受容の科学』pp. 25-40(東原和成 編)、化学同人 DOJIN BIOSCIENCEシリーズ
  • 2. 新村芳人、ロベルト・バレロ、五條堀孝 (2006) 「真核生物におけるmRNA翻訳制御のインフォマティクス:開始コドン周辺の塩基パターン解析とマイクロRNAの標的遺伝子予測」『機能性Non‐coding RNA』pp. 189–202(河合剛太・金井昭夫 編)、クバプロ
  • 1. 新村芳人、五條堀孝 (2003) 「理論生物学:バイオインフォマティクス」『生物物理学とはなにか』pp. 125-140(シリーズ・ニューバイオフィジックスII−10)(曽我部正博・郷信広 編)、共立出版株式会社 (amazon)

和文総説

  • 19. 新村芳人 (2021)「嗅覚受容体遺伝子の進化」遺伝子医学38号 Vol.11 No.4: 158-164. (Website)
  • 18. 新村芳人 (2021)「フェロモンの起源に迫る 〜血+毒=涙のフェロモン!?〜」アロマリサーチ 22: 3–8. (Website)
  • 17. 新村芳人 (2021)「グルメなサル、鼻の利かないサル 霊長類の嗅覚の進化」ファルマシア 57: 185–189. (Website)
  • 16. 新村芳人 (2018)「嗅覚受容体遺伝子の比較が明らかにした霊長目嗅覚系の退化の要因:目・鼻の形態変化と果実食から葉食への食性の変化」アロマリサーチ (75号) 19: 252–255. (Website)
  • 15. 浅原正和、岸田拓士、新村芳人、鈴木仁 (2018)「生物多様性から抽出された情報により多様性形成の遺伝的・発生学的・適応的基盤をさぐる」哺乳類科学 58: 119–120 (Website)
  • 14. 新村芳人 (2018)「鼻の良いサル、鼻の悪いサル」The TAKASAGO Times No. 181 28–29.
  • 13. 新村芳人 (2016) 「「匂いの遺伝子」で進化をたどる」milsil (54号) No.6 Vol.9: 10–11. (Website)
  • 12. 新村芳人 (2016) 「哺乳類嗅覚受容体遺伝子の分子進化」日本味と匂学会誌 23(1): 3–10.
  • 11. 新村芳人 (2016) 「乳酸により活性化される嗅覚受容体は低酸素状態のセンサーとして機能する」細胞工学(最終号)35 (3): 223. (Website)
  • 10. 新村芳人 (2015) 「嗅覚受容体遺伝子の進化」におい・かおり環境学会誌 46: 261–263.
  • 9. 新村芳人 (2015) 「ゲノムから読み解く嗅覚の進化」アロマリサーチ (62号) 16: 164–171. (Website)
  • 8. 新村芳人 (2015) 「嗅覚受容体遺伝子──その進化と機能の多様性」医学のあゆみ (5/9号)、253: 473–479. (Website)
  • 7. 新村芳人 (2014) 「アフリカゾウは巨大な嗅覚受容体遺伝子ファミリーをもつ ─13種有胎盤類を用いたオーソロガス遺伝子グループの比較進化解析─」アロマリサーチ (60号) 15: 366–368. (Website)
  • 6. 新村芳人 (2014) 「嗅覚受容体遺伝子と匂い知覚の多様性」実験医学 (11月号) 32: 2898–2904. (Website)
  • 5. 新村芳人 (2014) 「ゲノムから読み解く嗅覚の進化」現代化学 (9月号) 522: 38–39. (Website)
  • 4. 新村芳人、柴田匡邦、大橋渉、田中博 (2010) 「医療に対するインフォマティクスからのアプローチ:医療の効率化へ向けて」日本バイオインフォマティクス学会ニュースレター第20号 pp. 2–4. (PDF)
  • 3. 新村芳人 (2009) 「嗅覚受容体遺伝子ファミリーの進化ダイナミクス ─ゲノムと環境の相互作用─」実験医学 (12月号) 27: 3093–3102. (Website)
  • 2. 新村芳人、根井正利 (2008) 「化学受容体遺伝子ファミリーの進化」実験医学 (3月号) 26: 484–491. (Website)
  • 1. 五條堀孝、新村芳人 (2000) 「情報生物学の発展に向けて」生物物理 40: 318–319.

エッセイなど

  • 40. 新村芳人 (2021)「進化のじかん(30) ペットになったギンギツネ(2)家畜化症候群の謎」現代化学 (6月号) 603: 17–19. (Website)
  • 39. 新村芳人 (2021)「進化のじかん(29) ペットになったギンギツネ(1)」現代化学 (5月号) 602: 15–17. (Website)
  • 38. 新村芳人 (2021)「進化のじかん(28) 犬はいつ、どこで、どのようにしてイヌになったのだろうか?(2)」現代化学 (4月号) 601: 16–18. (Website)
  • 37. 新村芳人 (2021)「進化のじかん(27) 犬はいつ、どこで、どのようにしてイヌになったのだろうか?(1)」現代化学 (3月号) 600: 17–19. (Website)
  • 36. 新村芳人 (2021)「進化のじかん(26) コロナ探知犬」現代化学 (2月号) 599: 17–19. (Website)
  • 35. 新村芳人 (2021)「進化のじかん(25) 揺れる系統樹(2) クジラはカバの親戚」現代化学 (1月号) 598: 17–19. (Website)
  • 34. 新村芳人 (2020)「感染者を嗅ぎ分ける「コロナ探知犬」が、ヨーロッパで活躍していた…!」現代ビジネス 12月19日(Website
  • 33. 新村芳人 (2020)「現代の教養。ネアンデルタール人は私たちの中に生きている」NewsPicks 10月25日 (Website)
  • 32. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(24) 揺れる系統樹(1)」現代化学 (12月号) 597: 16–19. (Website)
  • 31. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(23) コウモリのふしぎ(2) 空飛ぶ霊長類?」現代化学 (11月号) 596: 15–17. (Website)
  • 30. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(22) コウモリのふしぎ(1)」現代化学 (10月号) 595: 15–17. (Website)
  • 29. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(21) ペストと人類(2)」現代化学 (9月号) 594: 15–17. (Website)
  • 28. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(20) ペストと人類(1)」現代化学 (8月号) 593: 16–18. (Website)
  • 27. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(19) ネアンデルタール人は生きている」現代化学 (7月号) 592: 15–17. (Website)
  • 26. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(18) 新型コロナウイルスはどこから来た?」現代化学 (6月号) 591: 17–19. (Website)
  • 25. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(17) 新しい学問を創る —スバンテ・ペーボと古代ゲノム学—」現代化学 (5月号) 590: 16–18. (Website)
  • 24. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(16) 謎の人類、デニソワ人を復元する(2)」現代化学 (4月号) 589: 15–17. (Website)
  • 23. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(15) 謎の人類、デニソワ人を復元する(1)」現代化学 (3月号) 588: 17–19. (Website)
  • 22. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(14) お酒が飲めないように進化した日本人(2)」現代化学 (2月号) 587: 23–25. (Website)
  • 21. 新村芳人 (2020)「進化のじかん(13) お酒が飲めないように進化した日本人(1)」現代化学 (1月号) 586: 29–31. (Website)
  • 20. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(12) 「蛾の工業暗化」の物語(2)」現代化学 (12月号) 585: 16–17. (Website)
  • 19. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(11) 「蛾の工業暗化」の物語(1)」現代化学 (11月号) 584: 16–17. (Website)
  • 18. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(10) 縄文人はどこから来た?」現代化学 (10月号) 583: 16–17. (Website)
  • 17. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(9) 縄文人と弥生人」現代化学 (9月号) 582: 16–17. (Website)
  • 16. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(8) 万葉集のフェロモン」現代化学 (8月号) 581: 16–17. (Website)
  • 15. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(7) メンデルの実験」現代化学 (7月号) 580: 16–17. (Website)
  • 14. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(6) メンデルってどんな人?」現代化学 (6月号) 579: 18–19. (Website)
  • 13. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(5) 海に適応した民族 バジャウ」現代化学 (5月号) 578: 16–17. (Website)
  • 12. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(4) カイコの来た道」現代化学 (4月号) 577: 16–17. (Website)
  • 11. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(3) 白檀の香りが抜け毛を防ぐ!?」現代化学 (3月号) 576: 16–17. (Website)
  • 10. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(2) 『種の起源』ってどんな本?」現代化学 (2月号) 575: 16–17. (Website)
  • 9. 新村芳人 (2019)「進化のじかん(1) ダーウィンってどんな人?」現代化学 (1月号) 574: 50–51. (Website)
  • 8. 新村芳人 (2017)「鳥の卵の形はどうやって決まる?」現代化学 (10月号) 559: 10–11. (Website)
  • 7. 新村芳人 (2017)「「ヒトは鼻が悪い」は19世紀の神話」現代化学 (8月号) 557: 11–12. (Website)
  • 6. 新村芳人 (2017)「ヘビを食べるヘビ キングヘビの「締め付け力」」現代化学 (7月号) 556: 10–11. (Website)
  • 5. 新村芳人 (2017)「琥珀に閉じ込められた 羽の生えた恐竜のしっぽ」現代化学 (3月号) 552: 10–11. (Website)
  • 4. 新村芳人 (2016) 「脊椎動物の長寿ナンバーワン 400年も生きるサメ」現代化学 (11月号) 548: 10–11. (Website)
  • 3. 新村芳人 (2016) 「キリンの首はなぜ長い?」現代化学 (8月号) 545: 10–11. (Website)
  • 2. 新村芳人 (2016) 「においのサイエンスFélicité vol.2 pp.2–9.
  • 1. 新村芳人 (1998) 「第2回東アジア生物物理学会に参加して」生物物理 38: 27–28.
Copyright 2021 Yoshihito Niimura All Rights Reserved.